資格はある?

実はエステティシャンとして、人に施術をする為の公的な資格というものはありません。ですから、何の技術がなくてもエステティシャンとして施術する事も可能なのです。つまり何の勉強をしていない、技術もない人でもエステティシャンを名乗る事が出来てしまいます。こうなると、顧客目線としては非常に困ってしまいますね。

しかしエステには、公的な資格が存在しない代わりにいくつもの協会や団体が発行している民間資格があります。こうした資格は、試験を受けるまでに一定時間以上の講習を受ける必要があるケースも多く、それだけ技術力を身につける為に勉強をしているという証にもなります。

より良いサービスを提供するために、いくつもの資格を取得しているエステティシャンも存在します。もちろん資格の有無だけで、技術力の高さが保証されるわけではありませんが、サロンを選ぶ際のひとつのポイントとして資格の有無は目安になるでしょう。

また保有している資格によって、どんな技術を習得しているのかも違ってきます。技術力のあるボディエステサロンを選ぶ時には、資格があるかどうかも参考にしてみると良いですね。国家資格のないエステサロンだからこそ、こうした民間の資格がある事が信用度にも繋がるのです。